株式会社 湘洋エンジニアリング

船舶用 エンジン燃焼圧力モニター 軸馬力計 軸スラスト荷重計

株式会社 湘洋エンジニアリング
エンジン燃焼 圧力モニター
お問い合わせ ホーム ENGLISH
船舶用計測・監視機器の開発・製造
会社概要 製品一覧 軸馬力計 エンジン燃焼 圧力モニター サポート 採用情報
軸馬力計
エンジン燃焼 圧力モニター
全シリンダー同時計測型
全シリンダー同時計測型
各シリンダー順次計測型
SE409
SE20S
SE308・SE203C/S
専用ソフトウェアー
株式会社湘洋エンジニアリング
〒252-1103
神奈川県 綾瀬市 深谷 大邸 1971-1
TEL:0467-70-3601 FAX:0467-70-3605
http://www.shoyo-e.co.jp/

圧力センサー  SE20S

SEC式エンジン燃焼圧力センサーは圧力を金属膜の固有振動数の変化に置換える極めてユニークな検出方法により、圧縮、燃焼、膨張の全行程圧力を計測します。
使用する燃料タイプにより2種類のセンサーをご用意いたしました。

● ガス・軽油・A重油用 ⇒ SE20S/G
 C重油用         ⇒ SE20S/B


ガス・軽油・A重油用 (SE20S/G)
圧力センサー  SE20S
圧力センサー  SE20S

SE20S/G型はガス、軽油、A重油を使用するエンジン用に特化した圧力センサーです。C重油用センサーSE20S/B型と異なり、上部にブローオフバルブは無く、下部より上部へ導入される燃焼ガスの経路も大きく違います。
受圧部の内容積はSE20S/B型に比べ、約38%と大幅に減じており、このため温度上昇が抑制され自然冷却にて連続使用が可能です。

万一、内部閉塞が発生した場合でも、受圧部が容易に分解できるため、清掃後に即復旧が可能です。
圧力センサー  SE20S
圧力センサー  SE20S



C重油用 (SE20S/B)
圧力センサー  SE20S
圧力センサー  SE20S

C重油燃料は燃焼に伴う生成物が他の燃料に比べ多く発生します。長時間の使用でこれらの生成物が圧力センサー内部に蓄積されますと、最後は受圧部が閉塞し機能不全となります。

SE20S/B型燃焼圧力センサーは、この閉塞を防ぐため上部にバルブ機構を設け、これを開けることで蓄積した生成物を燃焼ガスによりブローオフが可能で、C重油を使用する4サイクル中速エンジンで連続使用する場合は、センサー本体の温度上昇が激しいためコイルユニット部分だけの空気冷却を行います。空気は接続ケーブル内に組み込まれたプラスチック製ホースにより供給されます。

冷却空気は雑用エアーを使用し、下図のようにローカルユニット付属のレギュレーターにより0.3Mpaに設定されます。

圧力センサー  SE20S
cooling system

Copyright (C) Shoyo Engineering Co.,Ltd. All Rights Reserved.